歯列矯正が行われないわけ

綺麗な歯を作る方法

MENU

歯列矯正が行われないわけ

歯並びは普段の生活スタイルで大きく変わるといわれています。
固いものを食べなくなった現在の日本人は、
昔に比べて顎の筋肉が弱くなり、顎全体が細くなってきたため、
昔以上に歯並びが悪くなりやすくなっています。
そのため歯列矯正を行う必要がある方も増えてきているようですが、
実際に歯列矯正を行っている方は少なく、
中には全く使用する機会が無いままという方も多く見られます。

 

歯列矯正は様々な国で行われており、
国民も積極的に歯列矯正を行おうとしていますが、
日本に限ってはそれほど積極的に歯列矯正を行っていません。
元々八重歯など、特徴的な形の歯を魅力的なものとして捉えるなど、
他の国とは少々違った感覚を持っていたこともあってか、
あまりは並びを気にしていないという方も少なくありません。
とはいえ歯並びが悪いと噛み合わせが悪くなり、
虫歯や歯周病、消化不良に高血圧など、
色々な悪影響が出てくるので、なるべく治療するようにしましょう。

 

歯列矯正は普通の歯医者だけでなく、矯正歯科でも行っています。
矯正歯科では普通の歯医者よりも高度な歯列矯正を行っており、
非常に綺麗な歯並びにすることができます。
歯列矯正の方法もバリエーションが増えており、
今までの歯の表側に固定具を取り付ける方法以外にも、
歯の裏側に固定具を取り付けたり、
透明のプラスチックなどの目立たない素材を使ったりと、
使用者の要望に答えて治療も行えるようになっています。
 
矯正歯科は馴染みが無いと言う方もいるかもしれませんが、
最近は歯列矯正の重要性に注目が集まってきたことで、
少しずつ矯正歯科も増えてきています。
ネット上でも多くの情報が公開されているので、近くに矯正歯科が無いか探してみてください。