矯正歯科か審美歯科か

綺麗な歯を作る方法

MENU

矯正歯科か審美歯科か

歯に関する悩みを抱えている方は多く、歯並びが悪いせいで上手く人前で笑えないなど、
強いコンプレックスを抱えている方も少なくありません。
歯並びを綺麗な状態にするにはいくつか方法があり、
それぞれの方法を専門に行っているのが、矯正歯科と審美歯科です。
それぞれ違った方法で歯並びを矯正し、綺麗な歯を作ることが出来るのですが、
矯正歯科と審美歯科のどちらを利用すべきなのでしょうか。

 

矯正歯科は、歯列矯正を専門に行う歯医者です。
歯列矯正は専用の固定具を使って、
乱れた歯並びを本来あるべき箇所に修正することが出来、
歯を自然な状態のまま綺麗な歯並びを作ることができます。
歯並びを調整するには1年から2年は必要で、治療費も高くなってしまいますが、
自然な状態で歯を残せる分、健康にも良い効果を与えることができます。

 

審美歯科は歯の形を変えるなどの方法で、歯並びや歯をきれいにすることができます。
例えば歯の一部を削ってセラミック製のカバーを取り付けたり、
歯を抜いてインプラントを埋め込んだりと、様々な治療法で使えない歯を取り除くことで、
綺麗な歯並びを作ることができます。
短期間で綺麗な歯並びを作れる反面、
本来の歯を取り除くので、健康面では不安が残る治療と言えます。

 

矯正歯科と審美歯科のどちらを使うかは、状況にもよります。
健康な歯が多く残っているなら、歯列矯正のほうが将来のためにもなりますし、
既に歯が機能していないレベルなら、審美歯科のほうが有効です。
もちろんどちらか片方を使うだけでなく、歯列矯正が終わったらホワイトニングを行うなど、
矯正歯科と審美歯科の両方を使って、より綺麗な歯を作ることもできます。